下着モデルをしているkeikeikeikoの日替わり特出し画像です♪
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
モノを大事にする国
2006年12月13日(水) 15:37
面白い写真を見つけたので久々に更新しますw
中国の郊外では壊れたまま走ってる車を見かけることがあるのですが、ここまで壊れた車に、ヘルメット着用で乗車してるのってスゴスギですよねw
この破損状態だと運転席の人は死んでしまってるんじゃないかと思ったりします。
人が死んじゃった車の運転席ってどんな感じなんでしょう??
ドアもなくって今にも落ちそうな運転席、追い越しするにも緊張しちゃいそうです。


続いて二枚目はおかしな修理をされたジープですw
リアの左のドライブシャフトがびよ〜〜んと伸びてます。
伸びているんではなくて長いのを付けてるんでしょうが、どうしてこういう代替パーツを選択するんでしょうか?w
どういう構造なのか?考えてもわからないのですが、、、w
こんな状態でも左リアを基準に車線を守っているところが笑えます。

先日は北京でモーターショーが開催され、最新のロールスロイスが2台も売れたそうです。
そんな高級車とこういった車が混走している中国って。。。
事故にだけは気をつけて欲しいですね。
お金のためなら・・・
2006年09月29日(金) 13:13
中国で、子供がいて配偶者と離婚・死別した教師を対象外とする雇用削減計画が中止になった。
計画発表後、教師たちの離婚ラッシュが始まったからだ。

27日付の上海日報によると、この計画は中国北東部・遼寧省丹東市の小中学校で実施されたが、その結果、41人の教師が離婚申請する騒ぎとなった。
同紙は「それと比較して、同市の2005年度離婚件数はわずか34件にすぎなかった」と報じた。
離婚ラッシュに驚いた教育委員会はこの計画を中止、離婚した41人を説得、39人が別れた配偶者と再婚したそうだ。
実用主義に徹した中国人雇用者が、離婚して雇用を守ろうとするのは、この計画が初めてではない。
昨年8月、中国北部・河北省の国営油田で従業員がリストラされた後、離婚した元従業員を再雇用すると発表した途端、離婚ラッシュが起きた。

どうですか?w この貞操観念のなさw
お金のためならなんでもしちゃう中国人という感じがします。
中国で離婚する場合は、夫婦の財産を等分して別れると法律で決められています。
その辺ってアメリカっぽいですよね。
子供がいない場合なんかはそれほど揉めないんですけど、子供がいると養育費の問題などで協議離婚で大騒ぎになるケースもあります。
裁判できるような恵まれた家庭ならスムーズなのですが、そういう家庭だけってわけでもない。。。
子供がいて貧困層、裁判にもできないなんてケースは結局女性が泣くことが多いようです。
子供がいるのを隠して夜の店で働いたり、親に預けて都会に働きに来たり。。。
若いうちに結婚・出産しているので、意外に体型の崩れていない人などは、うま〜く新しい出会いを見つけちゃったりしてるようです。
基本的な生活水準を獲得するのにも必死さが必要な中国、まだまだハングリーな国です。

顔付き全身画像はこちらから


初のペニス移植手術
2006年09月25日(月) 11:36
世界初のペニス移植手術に成功した中国の医師団が、提供されたペニスを切除しなければならなくなった。患者とその妻に起きた深刻な心理的問題のためだという。

中国の広州総合病院のウェイリー・フ医師が率いる外科チームは、事故によって性器を損傷した44歳の男性患者に15時間に及ぶ移植手術を行った。

ペニスは脳死状態の男性(22)によって提供されたもので。マイクロサージェリーの技術によって移植された。しかし手術から2週間後、ペニスを切除せざるを得なくなった。

フ医師は専門誌『journal European Urology』で詳細には触れず「患者と妻の深刻な心理的問題が原因で、残念ながら移植したペニスを切除した」と報告している。

「これは史上初のペニス移植でした」

患者も妻も手術を望んでいた。8カ月前に起きた事故で、手術前、患者は性交も排尿も出来ない状態だった。


術後10日目に、患者は排尿できるようになった。

移植された長さ約10センチの器官が拒否反応を起こす兆候は見られなかった。しかし性的快感と機能が回復するかどうかを判断するには、さらなる時間と観察が必要だったという。

「患者は最終的に治療を放棄しました、妻の心理的な拒絶と、移植されたペニスの膨れあがった形状が原因です」

これ、"史上初のペニス移植手術"って報道されているんですけど、きっと何回も人体実験してると思うんですよねw
こういう手術というのは当然保険とかきかないワケで、相当に高額な手術費用が掛かると思うんです。
それなりに裕福な人しか受けられない手術なわけで、そんな人が実績のない手術を受けるとは到底思えないんですね。
やっぱり死刑囚の人とかで相当数な実験が重ねられてるんじゃないかと思います。
貧困層の犠牲の上に立つのが富裕層、中国ってそんな国です。

それにしてもペニス移植というのが現実的な話になってきたら、こういうおもちゃとかいらなくなっちゃうんじゃないですかね。
黒人の大きいのとか移植する人とかでてきそう・・・

顔付き全身画像はこちらから



 | HOME |   NEXT>>


close